Blog&column
ブログ・コラム

任意売却の相場はどのくらいが目安?

query_builder 2021/11/13
コラム
12
任意売却に、一般売却と同様に相場がありますが、一般売却よりも安い価格になることが多いです。
では、具体的にどのくらい価値が下がってしまうのでしょうか。
この記事で解説していきます。

任意売却の相場
任意売却の相場は、通常の物件価値の8割程度といわれています。
市場価値が4000万円の物件だったら、3200万円程度になることが多いです。
物件の状態によっては、もう少し値段が高くなることもありますが、おおむね上記の価格が1つの基準です。

ちなみに、物件の価格は自分で調整することが可能です。
この場合、不動産業者との協議が必要になります。
しかし、値段設定の時に債権者と打ち合わせを行う必要があるので、打ち合わせで了承を得た範囲内での価格設定になります。

任意売却は必ず債権者の了承が必要なの?
任意売却の価格では、債権者の了承が必要だとお話ししましたが、必ず必要なのでしょうか。
この場合は、必ず必要になります。

債権者にとって、これから先返済してもらう上で不動産価格が高すぎても低すぎても債権者側に不利になることがあるからです。
その為、売却価格の確認として、債権者の了承が必要なのです。
基本的には、債権者側にとって有利な価格設定を提案されることを把握しておきましょう。

任意売却と競売の価格差
では、任意売却と競売ではどのくらい価格差があるのでしょうか。
任意売却の場合は、市場価値の8割程度と、お話しました。
競売の場合は、市場価値のおおむね6割程度まで価値が下落してしまいます。

価格設定も、売主ではなく裁判所が決めるので、裁判所の裁量によって価格が決まるのです。
2割以上価格が違うのは、今後の返済にとって大きなダメージにもつながります。
競売が始まる前に、任意売却は済ませておきましょう。

▼まとめ
今回は、任意売却の相場についてお話いたしました。
任意売却は、売主が価格を決められますが、最終的には債権者の了承が必要になります。
債権者の了承を得た価格での売却になることを、しっかり把握しておきましょう。

NEW

  • 今年も宅建士試験の試験日が近づいてきました。

    query_builder 2021/10/07
  • 相続した土地や家の不動産売却での注意点とは?

    query_builder 2023/02/01
  • 不動産売却をしたら税金を納付する必要があるの?

    query_builder 2023/01/03
  • 不動産売却後に必要な手続きには何があるの?

    query_builder 2022/12/05
  • 不動産売却に必要な手数料とは?

    query_builder 2022/11/03

CATEGORY

ARCHIVE