Blog&column
ブログ・コラム

任意売却で物件が売れなかったらどうなるの?

query_builder 2021/11/25
コラム
15
任意売却は、ローンの滞納などにより返済できない場合に行う手続きのことです。
では、任意売却で売れなかった物件はどうなるのでしょうか。
今回は、売却できなかった場合に起こる事柄について、お話ししていきます。

任意売却で売れなかったら
失業や、債務超過によりローンが滞ってしまうことがあるでしょう。
ローンの滞納をしても、いずれは借金を返済する必要があります。
返済する手段で用いられるのが、任意売却です。
しかし、任意売却を行っても物件が売れない場合があります。

この場合は、債権者により競売にかけられてしまうのです。
競売とは、債権者が裁判所に競売の申し立てを行い、物件を強制的に売却する手続きのことを指します。
競売にかけられると、任意売却よりも安い価格で物件が落札されてしまいます。
また、裁判費用も、債務者の負担となってしまうのです。

■競売にかけられたときの対処法
競売にかけられたときの対処法は、債権者に競売の申し立てを取り下げてもらうことが必要になります。
取り下げを依頼する際は、具体的な返済期間を掲示していきましょう。
また、任意売却の現状報告も欠かさずに行ってください。
必ずしも競売を取り下げられる保証はありませんが、最後まで粘り強く交渉を行うようにしましょう。

▼競売にかけられないようにするには
競売にかけられないようにする為には、早い段階で任意売却の手続きを行うことです。
ローンの滞納から、競売開始まで半年ほど猶予があるので、不動産会社に売却の依頼を進めていきましょう。
任意売却では早め早めの行動を心がけるようにしておくと良いでしょう。

▼まとめ
任意売却で売れなかった物件は、最終的に競売にかけられます。
しかし、競売にかけられても、債権者との交渉で取り下げを行ってもらえるケースがあります。
任意売却を行う時は、競売のタイムリミットまでに、計画的に手続きを踏んでいくようにしましょう。

NEW

  • 今年も宅建士試験の試験日が近づいてきました。

    query_builder 2021/10/07
  • 任意売却を行うにはどうしたら良い?売却を行う方法について

    query_builder 2021/11/28
  • 任意売却で物件が売れなかったらどうなるの?

    query_builder 2021/11/25
  • 抵当権がついた状態での任意売却は可能なのか?

    query_builder 2021/11/21

CATEGORY

ARCHIVE