Blog&column
ブログ・コラム

相続不動産の遺品整理は誰に相談すると良いか

query_builder 2022/01/22
コラム
24
遺品整理を行う時は、自分で行う方法と業者に相談する方法があります。
自分で遺品整理を行う時は、時間と手間がかかることがあります。
その為、業者に相談して遺品整理を行ってもらう方法があります。

▼自分で相続不動産の遺品整理をするには
自分で相続不動産の遺品整理を行うには、故人が大切にしていた家財道具などを分類する必要があります。
分類するときは、段ボールなどの分かりやすい箱にまとめておくと、良いです。
分かりやすくまとめることで遺品の喪失を防ぐことができますし、大切なものを保管することが可能です。
遺品整理に必要な道具は

・軍手
・ゴミ袋
・段ボール
・マジック
・ハサミ
・カッター

などがあります。

■自分で行うメリット
自分で遺品整理を行うメリットは、業者に頼むよりも費用が安く抑えられる点です。
費用を抑えることで、万が一の時に備えて貯えを行うこともできるでしょう。
また、程よく故人との思い出に浸ることもできます。
さみしさを紛らわせることにも繋がりますし、前を向いて生きていく糧にもなります。

▼どうしても辛い時はプロに相談しよう
遺品整理はメリットだけではなく、デメリットもあります。
故人を想い返してしまい、辛い気持ちになって、作業が進まなくなってしまう点です。
その分時間もかかってしまうでしょう。

そこで、プロの遺品整理業者に依頼することで、作業がスムーズに行いやすくなります。
また、時間も1日程度で終了することもあります。
遺品整理が辛いと感じる時は、プロの業者に一度相談をしましょう。

▼まとめ
遺品整理は、辛い作業がつきものです。
故人が大切にしていたものを片づけると、思わず涙が止まらなくなってしまう方もいます。
そうした場合は、プロに依頼することでスムーズに作業が進みやすくなります。
遺品整理を行う時は、一人で悩まずに、相談をしていきましょう。
当社では、遺品整理のご依頼も承っております。
遺品整理でお困りの際は、お気軽にお問い合わせくださいね。

NEW

  • 今年も宅建士試験の試験日が近づいてきました。

    query_builder 2021/10/07
  • 相続した土地や家の不動産売却での注意点とは?

    query_builder 2023/02/01
  • 不動産売却をしたら税金を納付する必要があるの?

    query_builder 2023/01/03
  • 不動産売却後に必要な手続きには何があるの?

    query_builder 2022/12/05
  • 不動産売却に必要な手数料とは?

    query_builder 2022/11/03

CATEGORY

ARCHIVE