Blog&column
ブログ・コラム

不動産売却において委任状が求められるケースとは?

query_builder 2022/07/15
コラム
40
不動産売却で委任状が求められるのはどのようなケースなのでしょうか。
実際に不動産売却をするにあたり、委任状を求められた方もいらっしゃいますよね。
不動産売却で委任状が必要なケースを簡単に紹介しますので、ぜひ内容をご確認ください。

▼不動産売却で委任状が必要なケースとは
買い手と対面で売買取引が難しい時には委任状が必要です。
状況としては以下のようなケースが考えられます。

・健康上の理由で取引が難しい
・遠隔地に住んでいて足を運べない
・不動産が共有名義で代表者が売買契約をする

委任状を作成すると、直接足を運べない状況でも不動産売却が進められます。
特に共有名義の不動産であれば、委任状を作成して代表者だけが取引の対応をすると便利です。

■委任状が必要な取引での注意点は?
委任状を作成して代理人に取引を依頼するなら、その旨を買い手に伝えてください。
委任状には、物件情報は正しく記載する必要があります。
またスムーズに売却を進めるために、不動産売却は信頼できる相手に依頼してくださいね。

▼まとめ
仕事や家庭の事情などで、どうしても対面での取引が難しいというケースは決して少なくありません。
委任状を作成した後は、記載した内容に不備がないかを不動産会社に確認してもらうと安心ですよ。
松戸市の「株式会社ハウスワン」では、千葉県内で不動産売却に対するお客様からのご相談を承っております。
相続任意売却に関する相談についても承っておりますので、売却をお考えならぜひ弊社にご連絡ください。

NEW

  • 今年も宅建士試験の試験日が近づいてきました。

    query_builder 2021/10/07
  • 不動産売却に必要な手数料とは?

    query_builder 2022/11/03
  • 不動産売却での査定の種類には何があるの?

    query_builder 2022/10/01
  • 不動産会社の見積もり方法には何があるの?

    query_builder 2022/09/15
  • 不動産売却での契約の流れについて

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE